05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

電撃ディウス

 

アイマスシリーズのディレ1こと石原章弘さんがバンナムを退社 今までお疲れ様でした! 

プロデューサーの皆様へ

ディレ1という名前で、10年間、「アイドルマスター」の総合ディレクターを勤めさせて頂いておりました石原です。
突然のご報告となりますが、石原は2016年1月31日をもちまして、株式会社バンダイナムコエンターテインメントを離れさせて頂きました。

10年前のアーケード版リリース以来、常に新しいことを求め続け、前だけを見て走り続けることで、「アイドルマスター」は大きくなって参りました。
その過程で、石原はたくさんのことを経験させて頂き、多くの関係各社の皆様、そして何よりもプロデューサーの皆様には、とても多くのご迷惑をかけて参りましたが、本当にとても楽しい時間を過ごすことも出来ました。

プロデューサーをされている全ての皆様。
「アイドルマスター」にも、石原個人にも、たくさんの応援を下さいまして、本当にありがとうございました。
「アイドルマスター」総合ディレクターとして、皆様の前でご挨拶をする機会もなくなりますので、あらためて、この場をお借りしてお礼を申し上げます。

そして、先に今回の件についてのご説明をさせて頂きます前に、ご理解を頂きたいことがございます。
今回の退職は、懲戒解雇、喧嘩別れ、何か不祥事をやらかしての退職だったり、肩叩きにあったり、行き場を失ったりといった、追い詰められての退職ということでもなく、病気だったりといった健康的な理由でもありません。
今回の件は自分で決めて、会社に報告し、そして、会社に認めて頂いた円満退職です。
ゲームディレクター退職あるあるの1つ、WEB上での根も葉もない噂が生まれないように、そこだけは念押しをさせて頂きます。

話を戻しまして、この件を多くの関係者の方に報告をさせて頂く過程で、やはり最初に「では、なぜ辞めるのですか?」という質問を受けました。
理由は1つではありませんが、割と大きな理由の1つに「自分の理想のIPの姿を見たい」というものがあります。

その昔、アニメ「アイドルマスター」のムックなどでも話していたのですが、
”石原がいなくなっても続いていく「アイドルマスター」”
こそが、自分の考える強いIPの姿の一例です。
(これは別に「石原が」ということに拘っている訳ではなく、究極的には、スタッフの誰がどうなろうとも続く、ということです)

どのような作品も「人」の思いありきで産まれます。
しかし作品が個人の意思ではなく、大勢の意思の力で動き始めた瞬間、その作品はある種、誰のものでもなくなり、永遠に近い命を手に入れるのだ、とも思うのです。

たかだか10年目の「アイドルマスター」がその域に達しているのかどうか、本当のところはまだわかりません。
しかし、石原個人は「アイドルマスター」が好きだという多くの役者の皆様や、スタッフの皆様と話をしている過程で、「もう大丈夫」だと感じました。
むしろ、石原がいることで、新しいモノがうまれる可能性を妨げる方がイヤだったので、スッパリと総合ディレクターを辞めることに決めました。
勢いで会社まで辞めてしまいましたが(笑)

……石原は「アイマス」がここまで大きくなったことを、素直に嬉しく思っています。
まだ、2016年に入ったばかりではありますが、「アイドルマスター」は、PS4の「アイドルマスター プラチナスターズ」の発表もあり、いまだ走り続けていく姿勢は止めておりません。
また、昨日1月31日は、「アイドルマスター ミリオンライブ!」の3rdライブツアー初日名古屋公演も無事終了いたしました。
石原がステージ袖で見ていたミリオンのメンバーは、ステージ正面の客席をまっすぐに見ていました。
来週も、そして、これからもプロデューサーの皆様と良い関係を築いていけることでしょう。
「アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ」も昨日の1月31日より、新曲の配信もはじまり、ますます、大勢の方に遊んで頂いております。
他にも、2016年はたくさんの楽しいことが仕込まれています。
これから始まる「アイドルマスター」リスタートの10年間、プロデューサーの皆様には、これからも引き続き愛のある叱責を「アイドルマスター」に届けてくださいますよう、よろしくお願いいたします。
これが、「アイドルマスター」の総合ディレクターとしての最後のお願いのメッセージです。

本当に楽しい10年でした。
「アイマス」が皆さんの生活を、少しでも楽しいモノに変えることができていたのであれば、実にディレクター冥利につきますね。
退職後、石原はプロデューサーの皆様のご指導の下で働くディレクターから、皆様と同じプロデューサーとならせていただき、「アイマス」を応援していこうと思います。
同僚の皆さん、よろしくお願いします。
これからも「アイマス」を盛り上げていきましょう!

PS
もし、この件をニュースにするまとめサイトの方がいらっしゃるなら、見出しをあまりセンセーショナルなものにせずに【お疲れ様でした】くらいにしておいてください(笑)

文責

ディレ1こと、石原章弘


マジか……このタイミングとは思わなかった。
まぁ2とかさ色々あったけど、それでもここまで作り上げてきたっていうのはあるし、最近に至っては文句無かったし、キャスティングに関しては完璧だったからなぁ……

今後に関しては不安でもあり期待でもありますね。
今まで支えてきた人がいなくなる事やキャストに関する不安、そしてディレ1では出来なかった事への期待ですね。

石原くん、おつかれさま!

こんにちは、総合プロデューサーの坂上です。

急なお話でみなさんビックリされたと思います。
ちなみに坂上が最初に話を聞いたときにはかなり凹みました。
能天気で通っている坂上ではありますが、大きなため息が出てしまいました。
同時に今後のことを含め、頭の中でグルグルと色々なことが回りました。
なぜ?何があった?それもそうだけどあの件どうするの?とか色々考えました。
しかし、それにも増して思ったことは「寂しい…」です。
そりゃ、10年近く一緒にやってきたのですから寂しいですよ。

石原くんとはアーケード版「アイドルマスター」がまだロケテストをしていた頃、アーケード版の小山プロデューサーと3人で打合せをしたのが最初でした。
こうしたいああしたいと色々と白板に書き殴りながら話をしたのを覚えています。

また、東京ゲームショウでのXbox360版「アイドルマスター」の発表は、本当は坂上が登壇するはずでしたが前日のリハーサルの日に事故にあってしまい、急遽、石原くんが出るという…(笑)
福岡でのライブの時は台風で飛行機が飛ばず2人だけ取り残されたり…
と、話出すとキリが無いほど色々な思い出があります。ずっとドタバタでしたね(笑)

石原くんとはこの10年近くを共に「アイドルマスター」で過ごしてきました。
会社ですから時に組織の部下になったり、離れたりしながらも「アイドルマスター」の総合ディレクターとしてまとめてきたのは石原くんでした。

じゃあ、「なぜ引き止めないの?」と思われるかもしれませんが、それは才能のあるクリエイターをひとつの会社に閉じ込めてはいけないなあという思いがあるからです。可愛い子には旅をさせろです。
確かにそういう時期なのだろうと思いました。

それにしても寂しいです。劇場版「THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!」でプロデューサーがハリウッドに行くことを皆に告げた後、縁側で春香とプロデューサーが2人で話すシーンがありましたが、坂上はあの時の春香の気持ちが痛いほどわかります。
本当は…と思うけど「引き止めてはいけない。」そんな感じです。

なので、笑って送り出すことに決めました。
石原くん本当におつかれさま!
ちなみに総合ディレクターのポジションは永久欠番とします(笑)

そして、プロデューサーの皆様にお伝えしたいのは、
この10年のうちに「アイドルマスター」に関わってきた色々な人たちが、次を受け継ぐ人材に育ってきており、彼らが今後の「アイドルマスター」を引っ張っていきますので、安心していただきたい、ということです。
先日、「アイドルマスター プラチナスターズ」を発表させていただきましたが、新たに765プロオールスターズのメンバーから始まるというのは運命的な感じもしています。
今後も色々あるかもしれませんが、あたたかい目で見守って頂きたいと思います。

これからも「アイドルマスター」を何卒よろしくお願いいたします。

2016年2月1日                           
株式会社バンダイナムコエンターテインメント
アイドルマスター総合プロデューサー
坂上陽三


アイマスの偉いおっさん達の絵面から消えてしまうのか…

色々ありましたが、長い年月お疲れ様でした!


(PSが発表され、ミリオン3rdが始まったタイミングだからな……)
関連記事
スポンサーサイト

Category: PROJECT IM@S

Thread: アイドルマスター

Janre: ゲーム

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pax222.blog.fc2.com/tb.php/1679-7fa32f44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)