09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

電撃ディウス

 

深夜バス 2+1列タイプを利用したら凄い快適で世界が変わったのでレビュー 

20160205B.jpg

今まで普通の観光バスタイプである横4列×縦11列~12列のしか利用した事無かったけど、今回思い切って横2+1列×縦7列タイプのバスを利用してみたら、世界が変わりました。

今回利用したのは、さくら観光のさくらクオリティエクスプレス

・利用区間 千葉~愛知県名古屋
・料金は片道5,000円
・座席位置は行き:2列の通路側 帰り:独立シート


バスの出発時間とかは普通のバスと変わらないので割愛

まずバスに乗車して思ったのは「座席間広っ!?」

それもそうである。
縦7列の横3席なので、21人乗りだからである。通常の観光バスは横4席×12列。大体の場合で40~48人乗りほど。修学旅行などで1クラス+先生+ガイドさんが乗れる位と言えば分かりやすいだろうか。

それに比べこのバスは21人乗り。おおよそ半分である。

では、いくつか車内設備とか色々を。

•Wi-Fi(無線LAN)
•テーブル
•ドリンクホルダー
•フットレスト
•遮光カーテン
•読書灯(窓側のみ利用可)
•パーソナルカーテン
・リクライニングシート

•トラベルピロー(夜便のみ)
•アイマスク(夜便のみ)
•スリッパ
•耳せん


Wi-Fiは凄いありがたかった。
ドリンクホルダーはともかく、テーブルは広いからこそ実現できるものだろう。イメージとしては飛行機のテーブルサイズくらいと考えて貰えば調度良い。
他にもパーソナルカーテン。これがある事で全座席が独立した空間となる。
そしてリクライニングシート。普通の観光バスと違うのは電動であるのと、倒しても後ろの席に影響が無い事だ。つまり周りを気にせず動かせる。もちろんひじかけも共用ではないので、気にしないで大丈夫だ。
3列独立よりかは劣るが、それでも充分に独立性のある空間となっている。
帰りの1列独立なんて完全に通路を挟んでいるため、周りを一切気にしないで済んだ。もちろん前の座席を蹴ったりはしない位は注意だが。

フットレストにスリッパもあるので、窮屈なブーツは脱いで快適な時間となった。

寝心地についてだが、こればかりは個人差によるだろう。
だが自分は快適だったと思っている。少なくともグッスリ眠れて、名古屋に着く10分前くらいのアナウンスまでは、途中でトイレに起きた以外は熟睡していた。トイレだけは車内に無いが、1時間半~2時間に1回ほど時間調整もかねた休憩があるので、安心です。
トラベルピローがあるので、首元も楽で、なにより周りをあまり気にしないで過ごせるというのが大きかった。

往復で1万円は掛かったが、それでも東京駅に出て、新幹線に乗って1万数千円や、羽田に出て飛行機に乗って、中部国際から名古屋中心部などの手間や費用を考えると充分な値段であった。
普通の深夜バスを使えばそれこそ3,500円ほどまでいけるのだが、1,000円ちょいでここまでの快適さが手に入ったと考えると、充分に満足の出来る旅となった。

今後普通の深夜バスに乗れなくなりそうです(笑)

皆さんも是非一度利用してみてはいかがでしょうか?

「深夜バスは窮屈で寝れなそう(眠れない)」
「体勢とかが辛そう」

などといった考えや思いを吹き飛ばしてくれますよ。
関連記事
スポンサーサイト

Category: その他

Thread: 国内旅行

Janre: 旅行

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pax222.blog.fc2.com/tb.php/1684-b76a4add
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)