07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

電撃ディウス

 

管理人が見たアニメを適当に紹介【起】 

1年半くらい前の
半年くらい前の前編
半年くらい前の後編


管理人が見たアニメを適当に紹介するだけの記事。
ネタバレはしない程度に書いています。


空の境界
20160207ANIME (1)
両儀式:坂本真綾
黒桐幹也:鈴村健一
蒼崎橙子:本田貴子
黒桐鮮花:藤村歩
浅上藤乃:能登麻美子
荒耶宗蓮:中田譲治

原作:奈須きのこ
キャラクター原案:武内崇
脚本:平松正樹
音楽:梶浦由記
アニメーション制作:Ufotable

映画:
第一章:2007年12月公開
第二章:2007年12月公開
第三章:2008年2月公開
第四章:2008年5月公開
第五章:2008年8月公開
第六章:2008年12月公開
第七章:2009年8月公開
終章:2010年12月公開
未来福音:2013年9月公開

テレビ放送:2013年7月~9月

原作:1998年10月~

1995年3月、黒桐幹也は街で一人の少女と出会った。透徹した不思議な眼差しを持った少女に、幹也は一目で心を奪われてしまう。翌4月、観上高等学園の入学式で幹也はその少女と再会する。少女は「両儀式」と名乗り、人を寄せ付けない性格であったが、幹也には少しずつ心を開いていく。ある日、幹也は式のもう一つの人格である「織」と面識を持つことになる。自分は殺人者だと言う織に戸惑う幹也。そんな中、観布子市内では連続猟奇殺人事件が発生し、街は重苦しい雰囲気に包まれていた。


月姫やFateシリーズと同じ世界観を持った作品。
というか空の境界式として誕生した後に月姫等が制作されている。なので月姫やFateの原型となったキャラも存在する。
映像作品としてのクオリティの高さも凄い物となっている。制作はFate/zeroやUBWでもお馴染みのユーフォーテーブル。とても2007年のアニメ作品とは思えない仕上がりである。同時期のアニメがらき☆すた やひぐらし解、シャナⅡ、ひだまりスケッチなどと言えば凄さが分かると思う。
全七章構成。話はそれぞれ単体だが、裏での繋がりが多くある。というか全て繋がっている。
中二系が好きな人にはたまらない作品。その映像美と声優の演技、ストーリーが合わさり楽しめる作品となっている。
後にまどマギやアルドノア・ゼロ、Fateでお馴染みとなるKalafinaはこの作品の為に結成されたグループである。


CANAAN
20160207ANIME (1)
カナン:沢城みゆき
アルファルド・アル・シュヤ:坂本真綾
大沢マリア:南條愛乃
御法川実:浜田賢二
ユンユン:戸松遥

原作:428 〜封鎖された渋谷で〜
    チュンソフト/TYPE-MOON
原案:奈須きのこ
監督:安藤真裕
シリーズ構成・脚本:岡田麿里
アニメーション制作:P.A.WORKS

アニメ:2009年7月~9月
ゲーム:2008年12月発売

渋谷を襲ったウーアウィルス・テロから2年。被害者の一人である大沢マリアは、「ヘヴン出版」の新人カメラマンとして古参のライター御法川実と共に上海を訪れる。そこでマリアは犯罪組織「蛇」をめぐる紛争に巻き込まれ、「鉄の闘争代行人」の異名を持つ友人カナンと再会し助けられる。カナンは「蛇」の首魁である宿縁の相手、アルファルドと戦いを繰り広げ、その彼女をマリア、御法川が追う。「蛇」の陰謀に関わる各国諜報組織も見え隠れし、カナンを中心に人々の運命が動いていく。


428を原作とし、そのボーナスシナリオから派生したアニメ作品。
単体でも充分に楽しめるのだが、だがやはり428を知らないと疑問になる所がある。
PA制作の安定した作画、動く銃撃戦やアクションシーンなどが楽しめる。一部キャラクターは原作と性格の変更がなされているのが問題……
舞台はほぼ上海と中国に固定されているため、日本部隊のアニメとは少し違った空気感を楽しめます。
一概にオススメできる作品では無いものの、1話無料配信などもしているので、一度目を通して欲しい一作。

TARI TARI
20160207ANIME (2)
坂井和奏:高垣彩陽
宮本来夏:瀬戸麻沙美
沖田紗羽:早見沙織
田中大智:島﨑信長
ウィーン :花江夏樹


監督・シリーズ構成:橋本昌和
アニメーション制作:P.A.WORKS

アニメ:2012年7月~9月

白浜坂高校の声楽部に所属する宮本来夏は、ピアノ担当の上野みどりの譜面捲りを担当していた。前々から歌を歌いたいと希望していた来夏の思いを察したみどりは、顧問である教頭先生に一度言ってみたらと来夏に問いかける。しかし、来夏は教頭先生から去年の発表会での失敗を指摘されたうえに「音楽の才能は無いから諦めなさい」と断られたことに憤り、声楽部を退部して新たに合唱部を作ることを決意する。


江ノ島周辺を舞台とした部活動青春もの。
やはりPAだけあって安定した空気と綺麗な背景で物語を楽しめる。
謎の部活ではなく、一応主体を合唱部においてあるのでそこは安心です。
5人の成長と葛藤などが良く描かれているのがかなり好印象。
熱く爽やかな青春感が溢れています。こんな青春を過ごしたかった……更に声優も見れば分かる通り安心というか素敵な歌唱力を持っている人達なので、歌にも魅力がぎっしりと。
音楽系アニメとしては個人的には最高峰の出来だと思っている。もっと多くの人に知って欲しいです。

THE IDOLM@STER
20160207ANIME (2)
天海春香:中村繪里子
星井美希:長谷川明子
如月千早:今井麻美
プロデューサー:赤羽根健治

原作:バンダイナムコゲームス
監督:錦織敦史
音楽:高田龍一
アニメーション制作:A-1 Pictures

アニメ:2011年7月~12月
劇場版:2014年1月公開

2005年7月、ゲームセンターのアーケード版から、その第一歩を踏み出した『アイドルマスター』。原作ゲームの世界を再現し、765プロダクション所属のアイドル達の活躍と成長の物語をお届けいたします。
13人のアイドルとプロデューサーの成長を「765プロ」を舞台に描いた物語。
劇場版では、新たなキャラクター達との更なる物語を描いている。
アイドルマスターシンデレラガールズと同じ世界の物語でもあるとされる。


現在のアイマスの大きな一角となったアニメ。
設定はアイドルマスター2を主に基礎としているが、中身は全く異なる内容となっている。
765プロのアイドル全員に焦点を当ててストーリーが進むのが特徴。876プロや961プロも登場し、ライバル関係などが描かれている。
映画版では、アニメ版終了後からストーリーが開始。7656プロの13人とプロデューサーを中心とし、ミリオンライブからのアイドル(キャラ設定はそのままだが、所属等は全く違う)と共に輝きの向こうを目指した物語が描かれている。
2015年放送のシンデレラガールズにも設定は引き継がれている模様。
動きのあるライブシーン、アイドル達の日常、成長、ネタ要素が多く盛り込まれています。アイマスの特徴である多彩な音楽が多く私用されるのも特徴。EDは毎回変わります。


(月姫のアニメ…知らない子ですね。CANAANは仄かな百合要素あるけど、内容的に百合とか喜べるものじゃない。TARI TARIはほんま好き。5人や周辺の人、みんな魅力的で…アイマスはもう言わずとも)
関連記事
スポンサーサイト

Category: アニメ

Thread: アニメ

Janre: 映画

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pax222.blog.fc2.com/tb.php/1686-b56de1f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)