FC2ブログ
04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

電撃ディウス

 

とある科学の超電磁砲T 第6話「開戦」感想 -水流操作/流体反発- 

20200221o.png

2週連続ビンタされる馬場君……

さて第6話の感想でございます。個人的に楽しみにしていた湾内さんと泡浮さんの戦闘シーンが美麗かつ魅力的な動きで描かれていて大変満足しております。
20200221a.png
ちゃんと対抗策を残している所は決して無能ではないけど、性格と相まってどうしても詰が甘くなるのが悪い所。
今回の戦いはデバイスを操るレベル0VSレベル3の構図ですが、どっちかが優勢になり過ぎる事のない良い匙加減なんですよね。レベル4となると婚后さんのようにナノマシンを使わなければ一方的ですし、レベル5となれば瞬殺ですし。

20200221b.png
今まで活躍する機会するこそあれど決してメインではなくサブキャラと言って差し支えの無い2人の活躍は当時から本当にワクワクしましたね。まあ学園都市は「幻想殺しを持つ少年が活躍しやすい舞台」という性質がある以上、ヒーローと言える存在が発生しやすいのですが……誰もがシンデレラならぬ誰もが主人公

20200221c.png
革命未明編での2人が能力を掛け合わせ地上でサーフィンしている共闘シーンが大好きな管理人です。
ところで2人ってまだ中学1年生ですが発育良すぎでは……? 彼女たちについてはアニメでありがちなアニメ化に伴って胸がでかくかかれがちとかという訳では無く、超電磁砲8巻の背表紙裏とかを見れば分かる通り原作からこんな感じです。

20200221d.png
20200221e.png
良い止め絵の使い方。しかしこれが馬場君視点という設定なのが笑えるポイント。
やっぱ短パンはともかく腋丸出しの常盤台の制服デザインしたやつ変態だわ(誉め言葉)

20200221f.png
数話前に喧嘩をした事が無いと言っていた2人の怒りを感じられる描写とても良い。
理由も大切な友人を侮辱され傷つけられたからというのもね。

20200221g.png
賛否両論ですが、ここのアニオリシーンは必要無かったのではないかなーと……
でも黒子の活躍は大覇聖祭編でもたんまりとまだあるので楽しみなのじゃ。

20200221h.png
悪役顔芸ムーヴをキメる馬場君
歯茎綺麗だね()
分析力等はまあお見事なのですが、結局自身の性格が災いしているという…湾内さんの言葉通りなのじゃ

20200221i.png
自らの判断の結果傷ついた婚后さんを見てボルテージMAXの御坂
いくら常盤台の食蜂派閥メンバーとはいえ、怒りを露わにした超能力者(レベル5)には立ち塞がれない。そりゃ一人で軍隊に渡り合えるレベルの人間がキレていたらどうしようもない。

20200221j.png
20200221k.png
泡浮さんの能力って視覚的に画面映え能力するでもないですが、ダイナミックな動きを魅せてくれて良かったです。

20200221l.png
20200221m.png
「実はわたくし、意外と力持ちなんですよ? なんちゃって♡」
かわいい
能力を使う時髪がふわ~って浮き上がるのも良いですよね。流体反発(フロートダイヤル)って自身の周りの浮力を操作するという単純な物ですが、飛んだり持ち上げたりとかなり応用が効きますねやっぱ。

20200221n.png
馬場君最大の見落とし。目に見える物が全てではない。
まさか地上で窒息死しかけるとは思いもしなかったであろう。
ちなみに湾内さんは自身の能力を水が無い所でも使えるよう水筒を持って使ってたりもします。言ってしまえば絹旗が自身の窒素装甲を緊急時に維持するために液体窒素を持ち歩いているのと一緒。
にしても馬場君絶対水難の相あるでしょ。

20200221o.png
湾内さんのちょっと悪っぽい顔が可愛すぎて辛い。
でもこんな可愛い顔してやっている事は水責めで窒息させようとさせてるという。お嬢様こわい。

20200221p.png
形勢逆転
超電磁砲8巻に載ってるタイプモスキートの4コマ漫画好きです

20200221q.png
湾内さんの言葉が心に響く……
湾内さんや泡浮さんはとても良い環境、良い人との出会いをしてきたのだなと分かりますね。中学1年生にしてこれとか将来凄い良い女性になりそう……
そして色々あったけどビンタ一発で終わりというのも、あくまで彼女たちは暗部でもなければ常に誰かと争っている環境でもない、あくまで学園都市内では一般の能力者だからこそというのも感じます。
上条、一方通行、浜面、御坂などとの環境の違いを感じるワンシーンです。

20200221r.png
FIVE_Over.Modelcase_RAILGUNの元ともなったタイプマンティス。ここから僅か2か月ほどの時間でやべー進化を遂げ浜面を追いつめる兵器になるとは……

20200221s.png
BGMが良すぎる
そして瞬殺過ぎる
エレクトロマスター相手に電気系統のロボは相性が悪いとかそういうレベルじゃない。

20200221t.png
妹達かと思ったら超電磁砲だってでござるの巻
逆だったかもしれねェ……

20200221u.png
婚后さんのシーンからここまで一切御坂の顔が映らないのが良い

20200221v.png
そして馬場君リタイア
身を隠すシェルターを探すらしい……おい、その先は地獄だぞ(結末は禁書3期へ)


戦闘シーンは勿論、馬場君の小物感溢れる演技と作画が素晴らしい1話でした。
林大地さんの演技とても良かったですね……林さんのツイッターでも超電磁砲や禁書関連の(馬場君との)エピソードを色々発言されているので是非覗いてみて下さい。
私は泡浮&湾内コンビの戦いが素晴らしい出来で描かれていて大満足でした。


20200223.png
(ニコニコでこの回を見てたらまどマギのOPコメントで大草原でした)
関連記事
スポンサーサイト



Category: 超電磁砲S/T 感想

Thread: とある科学の超電磁砲

Janre: 本・雑誌

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pax222.blog.fc2.com/tb.php/2155-abaddafb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)