FC2ブログ
04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

電撃ディウス

 

とある科学の超電磁砲T 第8話「超電磁砲(レールガン)×心理掌握(メンタルアウト)」感想 -動き出す超能力者達- 

20200331j.png
第8話の感想です。
今回は色々な意味で見所のあるシーンが多い…!
食蜂さん好きの自分としては良いシーンが多くて大満足でした。食蜂さん関係は初見時(電撃大王掲載時)とコミック化した時、そして新約を読み進めた後とタイミングタイミングで新たな発見があって面白いです。

20200331a.png
遠く離れた水滴をレンズに出来る念写能力者とかいう、スパイ方面では凄い大活躍しそうな能力。冷静に考えてヤバい。

20200331b.png
羨ましい状況。
にしてもカイツさんとても有能である。金で動く仕事人だからこそかもしれないけど、食蜂が雇う事だけの事はあるんですよね。

20200331c.png
記憶操作されようが変わらぬ優しさを持ち合わせる少女達。
御坂の周りには本当に良い娘が多くて安心します。

20200331d.png
絶対能力進化実験についてはご存知の通り頓挫すると同時に、裏は勿論表にもレベル5第1位が撃破されたという噂が流れる位には広まっている。
特に食蜂にとって「クローン」という言葉は聞き捨てならないのもあってここは真剣な声になっていますね。実際革命未明編でクローンであるフェブリを影から助けるのにサポートしたのも思うところあったからでしょう。

20200331e.png
御坂美琴という存在は妹達の計画が問題なく進んだ時点でほとんど必要無くなっているという事実。
そこら辺は新約におけるアレイスターの動きなどを見ればよく分かりますね。
そしてミサカネットワーク。禁書でも超電磁砲でも一方通行でも狙われる事に定評がありますが、今回もそれです。

20200331f.png
木原幻生
お馴染み木原一族の一人。今回の黒幕。
描きたい事は多分数話後に活躍するのでその時にでも。

20200331g.png
もし黒子などを遠ざけずに深く木原と関わってしまった場合は間違いなく死ぬ(超電磁砲編集者談)との事。
まさに紙一重な状況ですねそう考えると。
木原幻生や数多を見てれば何かあれば容赦なく殺している絵面はすぐに想像がつく。

20200331h.png
原作見た時から楽しみにしていたシーン
御坂と食蜂の考え方の違いが明確に示されるシーンではありますが、それ以上にお胸とお肌に目がいってしまうのは男の性
まさかのノーブラ、そして下乳の素晴らしさがちゃんとアニメでも描かれてよかった……

20200331i.png
表情もたまらないが見えている肩もたまらない。

20200331j.png
人の精神、記憶を覗ける能力故の価値観
人は誰しも相手の考えている事、思っている事は想像しかできませんが、彼女にとっては全てが分かってしまう。
だからこそ例外となる御坂の事を信用出来ない、という構図。
彼女が能力を使わなくても、頭の中を覗かずとも信頼できるのはかつて出会ったとある少年だけ……
こんな能力を持っている彼女が壊れていないというのが、彼女の強さを感じます。

こんなそりの合わない2人が、一人の少年の為に互いの力を合わせて文字通り一つになるのはまだ先のお話。

20200331k.png
御坂と黒子のコンビも良いですが、黒子と初春の信頼関係も素晴らしいですよね。
新人研修のエピソード好きです。

20200331l.png
ここの背景と合わせたカメラの動きが良い。
こういう立体的な動きはアニメ超電磁砲内においても登場しますが、毎回楽しんでいます。

20200331m.png
体力が無く運動音痴な食蜂操祈可愛いですよね。
更なる運動が出来ず、泳げもしない食蜂さんの可愛さが知りたい人は新約11巻を読もう!

20200331n.png
20200331o.png
争いは、同じレベル(5)の者同士でしか発生しない……
今までのシリアスはどこへやら。中学生らしい言い合いをしている姿は笑えますしほっこりします。

20200331p.png
木原幻生 登場
良い声していて、今から食蜂VS木原や、幻想殺しの介入で興奮するシーンが楽しみ。


だんだんと核心へと近づいてきた物語。
食蜂の漫画で見せた悪い顔が見られなかったのは残念ですが、それでも綺麗に纏まっていたと感じます。
色々あって4月に入ってもまだ1クール終わっていないので今後の事も気になりますが、まずは大覇聖祭編の完結が楽しみです。


(食蜂の王子様のシーンが待ち遠しい日々)
関連記事
スポンサーサイト



Category: 超電磁砲S/T 感想

Thread: とある科学の超電磁砲

Janre: 本・雑誌

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pax222.blog.fc2.com/tb.php/2160-23162881
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)