FC2ブログ
04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

電撃ディウス

 

とある科学の超電磁砲T 第10話「才人工房(クローンドリー)」感想 -新たな絶対能力進化計画 始動- 

20200415p.png

いよいよ物語は最終局面へ
第10話の感想です。EDへの入り方鳥肌立ちましたよ……

20200415c.png
レベル5とはいえ数km先まですべての人間を支配出来るという異常性。
しかしこんな状況になった一端は魔術サイドのステイル君のせいである。原作読んだときは無人バスの爆発炎上事故で笑いました。

20200415d.png
ロリ食蜂さん可愛い
にしてもあの研究員たちの絵面はやっぱ笑ってしまう。そしてニコニコで見てたらりんごを食べるシーンで案の定たべるんごが湧いて出てきて笑いました。
にしても食蜂さんの能力も良い方面で考えればトラウマの解消や精神安定など良い方面に仕えますが、使い方次第でこの研究所の目的の様に……と精神系能力は長短が表裏一体ですね。

20200415e.png
ドリー……後に妹達として生産されるクローンのプロトタイプ……ネットワークの形成や寿命など色々計測していたのでしょうね。
持っている水銀もアニメだと分かりやすくなりました。

20200415f.png
ドリーの認識を変える事で仲良くなっていく二人。
食蜂の言った「本当に中学生?」は巡り巡って御坂に彼女が言われる日が来る……ミサカ関係と食蜂も中々に縁が深いのですよね。

20200415g.png
このドリーの反応……好きな描写の一つです。
例え彼女の仲の良かった警策ではなくても、食蜂が心を寄せて来てくれた事実に変わりはないですしね。

20200415h.png
相変わらず運動音痴な食蜂さん
もちろん泳ぎも苦手ですが、その姿が見たいのなら新約11巻を読もう! 貧乳時代の食蜂さんの貴重な水着姿もあるぞ!

20200415i.png
別れの時
食蜂にとって決して忘れられない記憶の一つでしょうねここは……

20200415j.png
そして支配完了
実際メンタルアウトの能力は食蜂だからこそ扱えているという面も強いですね。
普通の人間が持てば大抵は碌な事にならないか、自分の精神が崩壊するでしょうし。

20200415k.png
外装代脳…エクステリア…
食蜂の大脳の一部より形成された巨大脳。脳だけとかいう描写を見るとルパン三世のマモーとかマブラヴの純夏とか色々思い起こします。

20200415l.png
MNWのプロテクトを突破され妹達が倒れた時、打ち止めや一方通行はどうしていたのかと原作時は気になりましたが、アニオリ描写で補完。こういうの本当にありがたい。

20200415m.png
MNWの影響で一方通行が無力化される
木原幻生は第1位を無力化し、第3位を使った実験を始め、第5位を出し抜き、第7位が事件に介入してくるというとんでもない状況を作り出していますね。

20200415n.png
どんどんとヤバさが滲み出てくる木原。
1期の木山の一件もこいつが裏にいるし、Sの妹達の事件も原因の一つだし、革命未明編もこいつのせいで起こった面があるし、超電磁砲の事件の裏に彼の姿ありといった感じ。

20200415o.png
EDへの入り方が良すぎる

20200415p.png
御坂美琴 Phase5.1 雷神
降臨


いよいよ佳境に入った物語
個人的にはこの後はPhase5.3がどんな描写になるのか楽しみですね。
アニメ組にはOPの意味やEDの描写の理由がやっと明かされた感じですね。


(次回予告ネタのとある科学の心理掌握は無理でも、新約11巻とアストラル・バディはいつかアニメで見たい)
関連記事
スポンサーサイト



Category: 超電磁砲S/T 感想

Thread: とある科学の超電磁砲

Janre: 本・雑誌

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pax222.blog.fc2.com/tb.php/2162-7d466356
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)