FC2ブログ
04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

電撃ディウス

 

アイドルマスター ワンフォーオール ファミ通5月22日号の情報まとめ 

20140508IDOLOFAfa (1)
さて、遅くなりましたが5月8日発売のファミ通5月22日号のアイドルマスター情報まとめです。
既に公式が発表したりしている既存の情報も多くありますが、今回は関係無く箇条書きでまとめていきます。
一応DLC創刊号のアイテムなど一覧も。
20140508IDOLOFAfa (2)
玲音(レオン)関連
・レオンはボーカル・ダンス・ビジュアル全てで高い能力を持っている
・前向きでサバサバしている
・CVは茅原実里(長門有希など)
・持ち歌は「アクセルレーション」
 ・ダンサブルなロックチューン
・最初から完成されているキャラでプロデュース不可
・凄く前向きな性格な子(という意見から生まれた)
・フェスでの勝敗や名誉ではなく、いかに観客を楽しませ、自分も楽しめるかという考え
・女性アイドルの中では一番背が高い(四条貴音の169cm越えは確定だが、シンデレラガールズの諸星きらりなどを含めるかは不明)
・限定版のドラマCDでも登場

20140508IDOLOFAfa (3)
ライバルキャラ関連
・ランクアップフェスで登場
・876より日高愛・水谷絵理・秋月涼
・ジュピターより天ヶ瀬冬馬・伊集院北斗・御手洗翔太
・シンデレラガールズより神崎蘭子(DLC)
・ミリオンライブ!より箱崎星梨花(DLC)
・その他シンデレラガールズ&ミリオンライブ!より順次追加

ゲーム本体関連
・限定版の『765プロ新プロデュースBOX』のドラマCD『トップアイドルのお仕事見学』は67分
・ドラマCDにはレオンが登場

ストーリー関連
・2の時とは違い13人全員をプロデュース可能
 ・序盤は3人で、そこからストーリーを進めると増えて最終的に13人
  ・(律子Pの俺大安心)
・年に2回のオールスターライブでは13人全員参加
 ・一定値を超えるとライブは成功
 ・13人のスペシャルムービーを見れる
・プロデュース生活はエンドレス(いわゆるサザエさん時空)
 ・SPや2などの過去作であった1年という期限を排除
・ストーリー中ではまだプロデュースしていないアイドルも登場
 ・自然なアイドル達の日常生活を見れる
・ゲーム内は12週ごとに季節が春夏秋冬に変化
 ・衣装も替わる(冬は厚着など)
・プロデュースのサイクルは
 春(12週)→夏(12週)→オールスターライブ(夏)→秋(12週)→冬(12週)→オールスターライブ(冬)→春(12週)→……の繰り返し
・最終目標はアイドルランクをA3以上にしてアイドルエクストリームで勝利する
 ・もちろん一筋縄ではいかない
・レベルやスキルの導入などによってアイドルの成長を分かりやすく実感できる
・ランクアップフェスはリズムゲームでライバルと計3回勝負し2回勝てば勝ち
・アイドルランクはE3~A1
・シーズン目標を各シーズン冒頭で社長から提示される
 ・ギャラ○マニーを獲得やフェスに何回勝利など
 ・目標を達成するとプロデュース出来るアイドルが増え、楽曲も増える
・プロデューサーの1週間は事務所から始まる
 ・お仕事を実行で1週間経過
 ・それ以外は週1回のレッスンを除き何度でも実行可能
・お仕事の種類は4つ
 ・必ず成功する代わりに報酬が控えめなプロモーション
 ・リズムゲーム形式となるオーディション
 ・ライブ
 ・フェス
・経験値が溜まるとアイドルのレベルが上がりVo Da Viの能力が上昇
・ファンの数が一定数を超えるとランクアップフェスに参加可能
 ・相手はスコアを大幅に増やすバーストアピールを使ってくる
・アイドルのスキルはスキルポイントによって取得可能
 ・各アイドル固有のスキルもある
 ・ただ段階的に入手出来るのがスキルポイントなので厳選も必要?
・本作のレッスンは一時的な能力アップ
 ・一定期間の能力上昇
 ・プロデューサーランクに応じて効果の高いレッスンを受けられる
・思い出は相変わらず存在
 ・「ふれあい」によって思い出を作れる
 ・ステージでの思い出アピールに影響
 ・通常よりも多くのスコアを獲得可能
 ・バーストアピールに必要なボルテージゲージも溜まる
・突発的に発生するイベントも存在
 ・出社前や終了後に
 ・思い出も追加可能
・本作はSPなどのようにひたすらパーフェクトレッスンを狙う生活では無い
 ・まったりと楽しめる

坂上陽三氏のインタビュー内情報
・本作は原点回帰
 ・765プロと言う場所を大切に描く
 ・その演出の一つとして事務所内でアイドル達は自由に会話したりしている
・海外進出や作詞作曲できるアーティストなど案はあったが、アイマスはやはり小さな事務所を舞台にするのが良い
・自分のお気に入りのアイドル以外も知ってほしい
・期限が無いので効率重視プレイをしなくて良い
・DLCの蘭子や星梨花は完全にスタッフの趣味
・10周年関連
 ・水面下でいろいろと準備中
 ・まずは9thをお楽しみください

・過去と現在そして未来が詰まったタイトル
 ・シンデレラガールズやミリオンスターズも登場する広がった世界観を体現

20140508IDOLOFAfa (4)
その他ファミ通関連
・次号は中村繪里子さん&沼倉愛美さんのインタビュー
・今回の表紙のイラストを色紙にして100名様にプレゼント
・同じく表紙のイラストをA4クリアファイルにして665名様にプレゼント
 ・計765名様にプレゼント
  ・発送は6月上旬
  ・22日の当日消印有効

20140508IDOLOFAfa (5)
DLC情報(既に公式動画が公開済み)
・5月15日からカタログ創刊号が配信予定
・箱崎星梨花はそれほど遅くないタイミングで登場

アイドルマスター ワンフォーオール DLCカタログ創刊号一覧

ゲストアイドル
・スペシャルゲスト 神崎蘭子(シンデレラガールズより)

楽曲
・DREAM(初録:THE IDOLM@STER Best Of 765+876=!! Vol.02)

衣装
・ラレーヌルージュ
・サニージェイドヴァイン
・ビキニオブセイレーン

アクセサリー
・エンシェントローズ
・ノスタルジックスター
・ダークローズリストレット
・アンテークガーター

メール
・春香からのメールEX
・千早からのメールEX
・美希からのメールEX
・伊織からのメールEX
・やよいからのメールEX
・雪歩からのメールEX
・真からのメールEX
・律子からのメールEX
・亜美からのメールEX
・真美からのメールEX
・あずさからのメールEX
・貴音からのメールEX
・響からのメールEX

マニー
・200,000マニー♯1
・400,000マニー♯1

パック
・アクセサリーパック♯1
・EXメールアドレスパック


とまぁこんな感じ。
とりあえずDLCでたっぷり搾取されるのは分かったぜ…
それとジュピターは出ると分かって一安心。なんだかんで好きなキャラですから。sideMのメンテ終了待ってます。
ともかく期待が高まりますね。

週刊 ファミ通 2014年 5/22号 [雑誌]週刊 ファミ通 2014年 5/22号 [雑誌]
(2014/05/08)
不明

商品詳細を見る

(しかし5月は忙しくてプロデュースを安心して開始出来るのは6月に入ってからという罠…)
関連記事
スポンサーサイト



Category: ワンフォーオール

Thread: アイドルマスター

Janre: アニメ・コミック

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pax222.blog.fc2.com/tb.php/856-1374116f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)